自分の趣味嗜好がいつまでも年齢に追いつかなくてこまっていた。

シンプルで大人っぽい小物や服をパシッとしてる人達を、大人っぽいなぁ格好いいなぁいいなぁ、
でもマネをしてもなんだか地味になるだけでむなしいしさみしい。

自分と同じくらいの年齢の人向きのイラストを描こうとしても、
なんだかラブリーがトゥーマッチで成り立たない。
頭身が多いと変になる。


「子どもっぽいものが好きなら
子どもの絵を描けばいいじゃない。」
(by アントワネット)


そうや。そのとおりや。


子どもの絵を描き始めました。



















































































子どもの、(大人による、)子どものためのイラストを描き始めたらすっごくラクで楽しくなった。


好きなものぼんぼん描き込んで
好きなようにできる!自由!



できないこと、苦手なことより
できること、楽しいことをすればいい。


絵を描き始めてから、
自分で描いたり、他の人の絵を見たりして、
その人にとっての正解はその人にだけ当てはまって、
比べるってほんとに意味のないことなんだって

思いたいけどうまく思えなくて苦しかったことが
やっとこさお腹にすとんと落ちて、ラクで、自由で、うれしいの。


凝固してた脳みそを、「子ども」がちょっとずつやわやわにしてくれる気がする。ありがとう。


描こう描こう、たくさん描こう。



追伸:インスタを始めました。よろしくおねがいします。
ID: mike.miwako