女性としてどないやねんと言われそうなのですが、
実は私、この3年ほどクレンジング、洗顔料、化粧水、乳液、美容液という類のものを使っていません。


じゃあ何を使ってるかというと、
純石鹸とワセリンのみ。





まず、始めたきっかけをば。

20代半ばを過ぎた時に
肌のあれこれがボンヤリと気になってきて、
気にし始めればあらゆるピンポイントに対応した美容液なんかも存在して、
それを追い求めれば値段はどこまでも高級になれるし
アイテム数も増えていくんであって、
そういう足し算を続けていく道があって、

一方で、
うちの超貧乏性の母なんかは、何十年も普通の石鹸で顔洗って数百円の化粧水と乳液だけで
50代くらいまでかなり綺麗な肌を保っていて、
最近は70近いのでシワとかさすがに老婆感はあるけれども、それでも肌の肌理(きめ)とかはあいかわらず健在で、
なにもしてないけど赤ちゃんみたいな肌の男性とかもけっこういるし、
だいたい猫とかぺろぺろ舐めてるだけで毛並みツヤツヤふわふわやし(並列の関係でいいのか)
なんかそういう引き算の道も確かにあるな、というのは感じていて。

そのタイミングでたまたまこの本を読み。







著者は美容形成外科医で
北里研究所病院美容医学センターを創設した宇津木先生。

まぁ科学的な根拠がいろいろ書かれていてそれは本を読んで欲しいんだけど、
要は肌から出ている自家保湿因子が一番最強で、それ以外のものは毒にしかならないし、その中で
一番肌に影響が少ないのがワセリンと純石鹸だよ、という話。


これを読んだ後に、
ザザーーっと、捨てました基礎化粧品たちを。

一本2000~3000円の
雪●精たちを。


別に当時も、自分の肌にそこまで不満があったわけじゃないけど、
なんかやってみたくなったんですよね。
こっちが本当のような気がして。



顔の洗い方とか、細かい実践方法は本に載っているんだけど、
厳密にやろうとするとちょっとめんどくさいので、自分の場合はこんな感じ。

<朝>
水で顔を洗う

<メイク>
化粧品を付ける箇所には、下地としてワセリンか、
ワセリンベースの日焼け止めを塗る。
あとは、気になるところにコンシーラー(宇津木さんは使うなと書いているけど、アザがあるので)、
チーク、アイブロウなんかをちょこちょこ

<夜>
純石鹸で洗顔


以上。笑

めっちゃ楽。

これを3年間続けました。





ちらっ。



一応、写真は朝日の下で、
朝、水で顔を洗っただけの状態で笑、
iPhone5sで、無加工、無修正で撮っています。
現在29歳。


まぁ、輝くほどの美肌とかじゃないんですけど、
この年齢なりに、細々と気になるところはもちろんあるけど

個人的に、別にこれでよくね?と
思う状態です。笑



始めたのが3年前の記憶なので曖昧な点もありますが、始める前と後で良くなった点、悪くなった点など挙げますね。


<良くなった点>
●肌がふっくらする
…これは、本にも最初に訪れる変化として書かれていて、自分でもはっきり感じたのを覚えています。なんか、肌に厚みができてふわっとする。

頬の毛穴が目立たなくなった
…上記の、ふっくら感のおかげかなと

小鼻の毛穴はまだ気になるけどやや小さくなった

あとは、とにかく楽(笑)旅行に行く時とかも本当に楽。あとお金と時間がかなり浮く。

<悪くなった点>
●おでこがカサカサするようになった
…これは以前、皮脂を抑える効果のある化粧品を
額にだけつけていて、それの影響かなぁと思う。悪いものがわかりやすく出るようになってしまったのかも。

●今はあまり気にならないけど、始めた当初は乾燥した。乾燥したらワセリン塗ってました。

私は元からあまりメイクしないほうなんだけど、がっつりメイクが好きな人には、クレンジングなしは難しそうな…。



まぁそんな感じで、
めちゃくちゃ見違えた!というわけではないんだけど、
変わらないのなら、何千円、何万円かけなくてもいいかなって(笑)

アマゾンのレビュー欄にもいろんな方の体験記が載っているので、気になる方はチェックしてみてください。


美容番長みたいな人でお肌プリプリな人もいるし、
何が一番正しいのかなんてわからないけど、選択肢の一つとしてはありかな〜と。

信じるか信じないかは
あなた次第です(キリッ)