心屋さんの月一の講演会、BEトレ9月に行ってきました(o^^o)

(5月のBEトレの記事はこちら♪)

私は後半の質問会が好きなのでそちらのシェアを。

(私のふんわりした記憶による書き起こしなので、多少改ざんされてるかも♪)


まず、既婚の女性の話。

彼女は自由に出かけるのが好きなのに、
旦那さんが嫉妬深くて束縛が強く、
メールにすぐ返信をしないと怒る、
誰とどこに行くのかしつこく聞いてくる、といったことに辟易していて、離婚も考えているそう。

以下、心屋さん→「ぢ(愛称がぢんさんだから)」、質問者の方→A とします。


ぢ「旦那さんは、何があなたからもらえていないと思っていて、どうして欲しいと思ってるんだと思う?」

A「愛情が欲しいんだと思います。俺を1番に優先してくれてないって言ってました」

ぢ「そっか、それでね、その旦那さんの悲しみがね、あなたの悲しみでもあるのよ」

A「・・・?ちょっと思い当たりません」


そこから、(いつもの通り)お母さんの話になっていき。。。


A「最近、お母さんが妹ばかり大事にして、私への扱いが雑で、すごく悲しかったです・・・」

ぢ「そうやん、だから1番にして欲しかったんやん、それで旦那さんめっちゃ1番愛情くれとるやん。
誰といるんだ、どこに行くんだ、好き好き好き、俺といっしょにいて~って、重いくらいに」

A「・・・!  ええ~。。。」

ぢ「叶っとるわ~、カカカ。それでね、旦那さんに対して、もう私のことはほっといて、雑に扱ってって思ってるやん?」

会場「あーーー!」

ぢ「それも、お母さんが叶えてくれてます。あなたの願いは全て叶ってます。おめでとうございま~す♪」

A「ち、ちくしょーっ!」

ぢ「ケケケケ」


ぢ「それでね、それがわかったからってどうしたらええんってなるやん?  どうもせんでいいのよ。
旦那さんに、愛してくれてありがとうって感謝して、離婚もせんでええんよ」

A「ええ~(嫌そうな声)」

ぢ「で、もちろん離婚してもいいし、なんでもええんよ。
旦那に、気づかせてくれてありがとう、さようならって別れて、若いツバメを探してもええしな。」

A「若すぎるのはちょっと、体力的に。。。笑  でも、わかりました、ありがとうございますー」



このやり取りは、私の拙い文章では伝わりきらないと思いますが、
(あいまに魔法の言葉とかいろいろ入ってます)

コ○ンくんの推理劇を見ているようで、「おおおーー!!」って、
どうにもならなそうな問題がするするほどけていく気持ち良さがありました。

問題を深刻に捉えずに、
パズルみたいに解いていく。

この軽い感覚、面白くってすごく好きです。私ももっと身につけたい。


自分に都合の悪いことをしてくる相手がいたら、
相手の心の奥にある悲しみを探すこと。

その悲しみは、実は自分が心の奥に抱えている悲しみなんだって。
まさに鏡。

不思議やね~~。



そして、、、
BEトレに通って半年くらい、
手を挙げ続けて、初めて私も質問で当ててもらえました(o^^o)

ただ、初めてぢんさんとちゃんと話すので、
なんかそれだけで嬉しかったり、人目や時間の尺が気になったり、
変に浮き立ってしまって、私の場合は、他の人の質問を聞いてる時の方が深く刺さりました。笑

でも、話せて超楽しかった!
それに、持ち帰って考えてみて思うところもあったので、それも含めて書いときます。


私「彼氏がほしいんです(←)」

ぢ「知 ら ん が な」

私「一年前くらいに心屋さんの考えとか知って、楽しいことするようにしてたら、なんか知らんけど出会いは増えたんですよ。
でも、毎回、私か相手のどっちかが、ちょっと違うなってなる感じでうまくいかなくて、それが1年くらいずーっと続いてて・・・」

ぢ「恋愛のことだけはねー、ほんとどうしたらいいかってわからんのよねー。
あなたは、あなたの何が問題で、相手ができないと思う?」

私「なんだろ・・・? 
けっこう1人行動が好きでマイペースでワガママなところ? 
あと、昔は頑張って自炊とか掃除とかしてたけど、今は好きなことばっかしてて、家事はあんまりしてないから、そういうとことか・・・」


ぢ「じゃあ会場の人で、家事が苦手で、1人行動好きだけど、結婚してる人、いたら手挙げてー」


〈めっっちゃ手挙がる。笑  数百人いる会場の、1/4くらい挙がってたような?〉


ぢ「な?  自分がこれだからダメって思うことって、全部気のせいなのよ。
世間で言われてる、こうじゃなきゃダメっていう条件て、意外と全然関係ないのよ。
こんなやつが!?ってやつが結婚してたりするからね。笑
だからあなたに今、彼氏ができないのも「たまたま」なのよ」



今までだったら、「そうは言っても・・・」って思ってたけど、
あの手を挙げた人数を見ると、「確かに・・・」って思えました( ;´∀`)


ぢ「あと、1人になりたい、1人で何でもできるようにならなきゃって思ってない?」

私「あ、それめっちゃあります。
私、4人兄弟の末っ子で、いつも母に、お前はぼーっとしてるだけで、人に何でもやってもらってる。
1人で何もやってない、何もできない、もっと気を利かせろ、できるようになれって言われて育ったから、「1人でできるもん!」ってめっちゃがんばってました。」

ぢ「ひとりでできるもん。笑」

それで、ここからは会が終わった後に1人で考えたことなんですが、、、


私の「ひとりでできるもん」話、けっこう根が深いなって。笑


1番上の兄がね、マンガのような超絶エリートで努力家なんですよ。
東大卒で、国家試験を1位で合格し(受けただけで、公務員にはならなかった)、アメリカの有名な大学院のMBAを首席で卒業して、今はアメリカの政府の機関で研究者をしてるという・・・。笑


親に、そんなんと比べられるのって(自分で比べてただけかもしれんけど)
たまらんじゃないですか。



それで私、大学では
1年間留学のプログラムがある学部(国際教養学部というところ)に入って、

ほとんど英語喋れないのに、
カナダの大学(語学学校じゃなくて、普通の現地の大学)に交換留学したんですね。

しかも、国際教養学部の他の友達は、同じ学部から日本人が20人くらい一緒にいくプログラムを使ってるのに、

私は、それじゃ生ぬるいって、
一緒に行く日本人が1人だけのプログラムをあえて選んだ。。。笑

私の初めての海外経験ですよ、これ。
当時20歳の、超人見知りで、実家を出たことがない、世間知らずの小娘ですからねー。

死ぬほど苦労したし、今もたまに夢に見てうなされるよね。笑

「1人で頑張って、何でもできないと生きていけない」を、あの時により強くダウンロードしました。

そんなキリング・フィールドな世界観、生きづらいに決まっとるがなー( ´∀`。)

(結局、あの時はカナダ人の、お金持ちで私のことめっちゃ好きな彼氏ができて、すごい助けてもらった。。笑)


しかも、私、社会人になってからは、なぜか
単身でインド旅行(→★)に挑みました。笑 

ほんとに、強くなりたかったんだね。。笑


別にさ、若い女の子が1人でインド旅行に行くスキルなんて、持ってなくてもいいじゃん。。。(行きたきゃ行けばいいけど)


(今思うと)親に認められたいがために
女一人インド旅行って、
どんだけハードル高い上に明後日の方向を向いていて、
バk・・・けなげでかわいいのだ、私よヽ(;▽;)ノ


結局、インドという国にフルボッコにされて、全然自信になんてならなかったよ。笑
話のネタはできたからいいんだけどね。



やー、気づいてたことではあるけど、
あらためて、
私の1人でできるポーズを取りたい願望、すごいなー。

それは、人を寄せ付けない方が、自分にとっても都合いいよね。。。汗


もう降参して、
ダメなよわ~い自分をナデナデして、
誰かとほわほわと幸せに生きていけたらいいな。。。( ノo´∀`o)ノあはは、、、うふふ、、、





あ、あと流れが変になったけど心屋さんに教えてもらったこと付け足し。

私「心の勉強してると、相手が自分の鏡ってわかってるから、
相手のここが嫌だから付き合えないって思うと、でもこれ、自分自身の認めてないところなんだな〜ってうーー(  ´∩`)ってなります」

ぢ「あー、めんどくさい感じになっちゃってるのね。
それはね、あ、自分にそんなところがあったんだー。へー、おもしろー、でいいのよ。それがわかるだけでいいの。
それを、「だから自分は彼氏ができないんだ」って原因にしちゃだめ」

私「なるほどー!」



最後に、心屋さんには
タイミングがあるから、
とにかく「待て」と言われました。
(なにげに、かなり苦手な行為。笑)


次のBEトレで、
ぢんさんに「おかげ様でうまいこと行きましたー♪」って報告できたら、
流れ的に綺麗でおいしいから笑、

そんなこともほんのり期待してみるのでした( ̄∀ ̄)チャンチャン





※  カテゴリ心の引きだしよかったら見ていってください♪