わたしは本当に自分で決められない、
というか自分には正しい判断をする能力がない人間だと思い込んでたので、

自分の人生に関わるような大きな選択から、小さなことまで、

決め方がわからなくて、
いろんな人に聞いて、本を読んで、
混乱したり苦しくなったりしていました。




でも、絵を描いていたら
あることがわかりました。



デッサン(形を正確に取る練習)をしっかり習った方がいいんだろうかと迷っていた時期が長くありました。


それに対して、

誰でもデッサンは身につけた方がいい。後から崩していくにしても、基礎ができてないといけない。

という意見と

デッサンなんて習わなくていい。
デッサンばっかりやっていてもみんな同じような絵になってしまう。

という意見の二種類をよく聞きました。


で、、、
デッサン重視派の人が描く絵は、
例えばこんなイメージ。
(あくまでイメージで、LINEスタンプの作者さんとは全く関係ありません)



エヴァンゲリオンの絵って身体のラインをかなりきっちり描いてて、

これで首が変な位置から生えてたりしたら違和感を抱くよね。



そして、デッサン不要派の人が描く絵は、
たとえばこんなイメージ。




もう形の正確さもクソもないよね。笑

でも可愛いし印象に残るし、
こういうペタッとした絵の方が使い勝手がいい時も多い。


要は、、、
好みの問題です( ̄∀ ̄)

自分はどっちが描きたいのか。

わからなければ、しばらく描き続けることでだんだんわかってくる。

(私は最初、デッサンを必要としないシンプルな絵を描いていましたが、物足りなくなってきて、結局デッサンを習いました)




あと、
アナログ絵(紙にペンや絵の具で描く)から
デジタル絵(タブレットなどで描く)
に移行する時もすごく迷って。

まず、
アナログ派の意見とデジタル派の意見があり、

タブレットも、iPadが便利という人と、本気でやりたいならiPadじゃ不十分で言う人もいた。
 




で、これは100%そうだったんだけど、

全員、自分が選んだ方を薦めてきました( ̄∀ ̄)


これほんと。100%。



アナログで描いてる人は、
デジタルなんて個性がないという。

デジタルで描いてる人はデジタルの利便性を強調する。

iPadを使ってる人はiPad最高って言う。
iPadを使ってない人は、あんなんじゃダメだと言う。


ほんと、それだけ。
絵じゃなくてもそう。


みんな、
こうだって思い込んで、
その通りに選択して、
その選択を良いものにできるように行動してる。


だから、どれが正しいも間違ってるもない。
なんでもいい。


どんなに権力のある人が、
俺はこうやってのし上がったから、このやり方ができない奴はだめだ、と言ったって、
他のやり方で成功している人もたくさんいる。


あるやり方が自分に合わなくて苦しいなら、
他のやり方を試してみればいい。


自分は何を自然にできるか、
何が楽しいか、何が苦痛か、何が得意か、
内側の感覚は絶対に自分にしかわからない。


教える方は、
相手も自分と同じように感じるという前提でどうしても話してしまいがちだけれど、

それを真に受けなくていい。


ただ、アドバイスの内容を選択肢の1つとして増やすだけで、

実際に何を取り入れるかは、
自分の感覚に頼るしかない。


だから常に、感覚を立てていられるように。


まずは、今、何を飲みたいのか?

寝たいのか?  本を読みたいのか?

そんな細かいところから積み重ねて、
自分の感覚と選択への信頼感を高めていきましょう。




美和子