はい、出来立てホヤホヤの体験談を。。。


午前中、久しぶりに仕事のミスを発見しました( ̄∀ ̄)


うぁーーーなんでこんな単純なミス気づかなかったんだろー
気がぬけてるからかなーーー
と猛烈に自分を責めそうになりましたが、

ひとまず報告して、
自分でできる範囲の作業をしたら、
あとは気持ちを落ち着かせることにしました。


あ、なんかココア飲みたい!って思ったので
自販機にココアを買いに行く。


これまで取り入れた、いろんな人の考え方を頭に巡らす。


心屋さんが、

なにか悪いことが起きると、つい、過去の自分のいろんな行動と結びつけて自分を罰したくなるけど、
それは一因ではあるかもしれないけど、原因ではないよ。
原因と結果の因果関係はないよ。全部は「たまたま」だよ。

と言ってたこと。

(たしかに、めっちゃ注意して目をギラギラさせてようが失敗するときはするのよね。。たまたまだ。)



西野亮廣さんが、

失敗した〜って過去を悔やむのは傲慢だと思う。
だってその過去の自分は、その時やることをやって、それでできなかったわけでしょ?  それなのに、過去の自分は本気出せばうまく言ったはず、とか思うのは自分を過大評価してる。
過去の自分もかわいそう。
できなかったもんはできなかったんだからしょうがないじゃん。

と言ってたこと。

(この考え、今回すごくしっくりきました。あの段階で気づけなかったのは、それが自分の実力なんだから、しょうがないかって思った。)


あとは、
宇宙の法則、引き寄せ的なことを意識して生活してると、

ある時の小さな経験が、それが、その時はポジティブでもネガティヴでも、
別のところで違う形で作用してくる、というのを何度も体験したから、

早い段階でミスに気づけなくて、
今日気づいたっていうのは、
すごく大きな流れの中で見たら、
たとえ自分には気づけなくても何かしら意味があったのかも、と思ったり。



そんなふうに考えて、また元の仕事に取り掛かったら、
なんだかポカポカしてきて、

失敗した自分もそのポカポカの中に取り込まれて行く感じがしました。



自信ていうのは、

もう絶対に失敗しないし人に迷惑かけない、という自分になることじゃなくて、

失敗することも迷惑かけることもあるけれど、それでも自分は大丈夫と思えるようになること。


このあと、関係者の方々に迷惑かけるかもしれないけど、
怒られるかもしれないけど、
へこむかもしれないけど、

それでも自分は大丈夫。



ミスをした、という事実は変わらなくても、
以前の自分とは心の中の風景が全く違う。


昔は、
失敗した自分を責め続けること、裁き続けることが
「責任」「誠実さ」なのだと思ってた。
だから心の中は大嵐。。。



でも今は、
できるだけ気持ちのいい自分を取り戻して、
気持ちのいい状態で仕事をして、
次に同じ仕事があったらこういうチェックをしよう、と建設的に考えられること、
それが「責任」かな、と思う。


さて、お昼寝しよう( ̄∀ ̄)



美和子